favorites of kwmktw | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

favorites of kwmktwall replies to kwmktwfavorites of kwmktw

Re: http://8xcsp6.sa.yona.la/16

それが、二人の最初の共同作業でした。

返信

これからも、二人で、温かい家庭を作っていきたいと思います。

幸せになります。

みたいな展開がいいです。

投稿者 zig5z7 | 返信 (1)

Re: メ○ンブックスの梱包が非常にスマートな件。

素晴らしい。

返信

大手メーカーでは、箱専門の設計者がいると聞きます。

メインが自分の作品それ自体ではないという点において、鳶職みたいなかっこよさ。


ほんと、この箱も素晴らしい。

ゴミが出ないのはスマートだし、ダンボールの目が直交することになるので折れや捻れに対して強いはず。


って、これ、説明画像のわかりやすさも同じくらい素晴らしいです。

それ以外の賛辞を思いつきません。

こんなにわかりやすくて枚数の少ない画像マヌアル、なかなかないと思います。

移行途中の画像なんて地味に手間がかかってるはず。作る方からすれば、普通はここに画像2枚使おうと思わない。これ地味にめんどくさいよ。感動を他人に伝えたい、と純粋に思わないとこうは撮れないはず。


矢印の弧のつけ方や始点と終点の位置も絶妙だし、弧が一回外に振られてから終点に向かうのも渋い。

左右の観音開きは弧が同じ方に張ってるけど上下は巴になってたり、こういうのは構造と構図が体に入ってないと自然にはできないんじゃないかと思う。

最後は箱を立ててるのも感覚的。


記事の文脈と併せて考えた時、ホスピタリティの真髄を見た気がしました。

いいもの見せていただきました。ありがとうございます。


関連:携帯電話の箱にごはんを詰める

http://portal.nifty.com/special05/03/15/

投稿者 zig5z7 | 返信 (1)

いい店がなくなる

返信

たまにビールを飲みに行っていた店が、月末で閉まっちゃうらしい。


店は5年やってたそうだ。

やめる事情は知らないから、おつかれさまでした、としか言えない。


あそこには2ヶ月に1回くらいしか行かなかった。

デパートなんかで閉店セールの時に群がる客を見て、閉める時だけ行くんじゃねえよ浅ましい、と思ってたけど、いつでもあると思うと行かないもんだ。悪い客の言い訳ですね。


閉まるまでに必ず行って、変なビールいっぱい教えてくれてありがとうございました、って言おうと思う。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

Re: よっしゃ!

ほぼ何にでも一番です、酒。

返信

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

Re: すごく沈んだときの世界

簡単なことだった

返信

絶望の理由が自分以外だと、自分は何もできないからどうあがいたところで自分以外は全部書き割りだし、絶望の原因が自分の中にあると、自分がいちばんダメだから自分以外は全部美しい。


khchqeさんは元気かな、そうだといいな、と、ふと思った(←唐突に拾ってすみません)。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

夜桜があって夜モミジがないのはなぜだ。

返信

あるにはあるんだろうけど、桜に比べて遥かに少ないような印象。これはこれで風流だと思うんですが。

一方、紅葉狩りはあっても桜狩りって聞かない。


もっとも、モミジは葉っぱだし(=落ちるし)、桜を狩るなら枝の末端と言うか花の茎と言うか、あそこなんていうの、あそこからぶっつり(へたすれば枝もろともぼっきり)行くことになっちゃうだろうだから、狩ることだけ考えれば紅葉は桜に比べて気軽と言えば気軽。


モミジは日照時間の関係で迂闊にライトアップできないんだろうか、というのは現代側からしか考えてない邪推かなあ。


真下で飲むことを考えれば、桜なら花びらがハラリと舞い降りて浮くだけだからいいけど、ぐい呑みにモミジがひとひらバッサリ落ちてきても困るか。

案外そういう理由かもしれない。紅葉吹雪ってないしな。


…単に、楓が桜より遥かに少ないだけかも。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

みんな知ってるオリオン座のお時間です

返信

というか、季節です。


実際、明るいとこだとあれくらいしか見えないのよね。

だからあれしか知らないし、興味もないまま。


小さい頃、山間部へ引っ越して、そこで初めて夜空を見上げた時、乱視になったかと思うくらいたくさん星が見えたのをふと思い出した。

投稿者 zig5z7 | 返信 (1)

Re: 5円も1円も大抵最小枚数になるよう出してるんですが、

ほんと気持ちよかったです。

返信
財布から硬貨が全てなくなったのは今までの人生で1回しかないです。あれがどんなに気持ちよかったことか。

5円も1円も大抵最小枚数になるよう出してるんですが、 | viktw2 | sa.yona.la



昔、買い物をするときに、帰りの交通費を考えると30円足りない、ということがありました。

が。


その店の最寄り駅は、うちの最寄り駅からの運賃の区切りの1つ先だったんです。

そして、その差は30円。

つまり、帰りに1駅手前で下りて歩くことにすれば今この場で買える!


気づいたとき、笑みがこぼれました。最高でした。


クレジットカードはおろかキャッシュカードすら持たせてもらえなかった頃のお話です。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

今うちの横の道を歩いていた男性2人組に告ぐ

返信

男A「あれ見た?新しい東京タワー」

男B「ああ、ランドマークタワー」


おっしゃることはわかります。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

シュレッダーのゴミの、いい捨て方はないか

返信

傘とワイパーの原始的っぷりはすごくて、21世紀になってもうずいぶん経つのに基本構造は発明当時のままだ。


シュレッダーのゴミもそうだと思う。

あれを捨てるのはちょっとしたチキンレースというか我慢大会というか、ぎゅっとすればもう2枚くらい行けるだろ、の連続で、繰り返せば永遠に詰め込み続けられそうな気がしてくるんだけど当然そんなわけはなく。


そうやって圧縮されてるもんだから、捨てる時にブワッと膨れてえらいことになるケースがままある。


具の量に比べてすごく大きなゴミ袋を用意してれば済むんですが、なかなかそうもいかないのよね。気分的にも。


投入した紙の一部で包装してしまえるような仕組みを実用化できたら結構売れるんじゃないかと思ったんだけど、これだけ普及しててどこも出さないところを見ると相当厳しいんだろうな。

機密書類を断裁せずに包装紙にするわけにいかないし、包装用に三つ編みとかコヨリとかを機械の中で作るのも鬱陶しいし。


除湿機能を搭載して、出た水でぐしょぐしょにして圧縮し、排熱で乾燥させて固める、とか、だめかなあ。

また水が出るか。冬は効かないし。

投稿者 zig5z7 | 返信 (1)

Re: ご紹介、ありがとうございます。

部屋を気密にして気圧を上げておく、というのはどうでしょう

返信

クリーンルーム。


当然、入室は全裸です。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

「純粋白鍵」。

返信
白鍵だけのピアノです。 「何でこんなの作ったんですか?」とつい訊いてしまいましたよ。

マイクロネット社(zig5z7注:音出ます)の 「新白鍵」
wxyna4bm

単純に黒鍵を抜いてしまってるので、CメジャーとAマイナーの曲しか弾けないという潔いピアノです。

新白鍵: PurpleMoon



以下蛇足、でもないか。

岩城宏之という指揮者(故人)がいて、マリンバ奏者としても演奏活動を行っていた。

マリンバというのは、まあ、でかい木琴なんですが、運搬が結構大変。

運ぶときは分解するし、組み立てるには2人いないと不便。

ある時、スタッフに気を遣って、「今度の曲は黒鍵使わないから手前だけでいいよ」。

本番当日、会場に着いて、組み上がったマリンバを見て愕然としたそうだ。

どこがドだかわからないので。

投稿者 zig5z7 | 返信 (2)

Re: http://xmny3v.sa.yona.la/817

すてき

返信

乱数表としての価値すらない。


ぜひ、正誤表を別冊に付けてほしいです。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

財布に現金が1円もない

返信

昨夜の買い物で小銭をぴったり使い切ったので、さっき、PASMOのチャージで紙幣もぴったり使い切ってみた。


ちょっとドキドキして面白い。電車降りたらお金を下ろそう。

都内某線をご利用の皆様にお知らせいたします。zig5z7は現在、一文無しです。

投稿者 zig5z7 | 返信 (1)

Re: どうしたもんだかなと真剣に思った。

車椅子にちょっと乗って思ったこと

返信

暴論ですが、お互い、邪魔に決まってんですよね。


車椅子の人からすれば、なんでわざわざ段にするのか意味がわからないところに段があったりするし、6人乗り位の細いエレベーターの中で方向転換するのはちょっと慣れが要るはず。エスカレーターは至難の技でしょう。

全員車椅子なら街の造りはこうならないはずで。


そもそも、初めて乗った(腰の手術で)時は真っ直ぐ走れませんでした。

利き腕の方が力が強いので、利き腕と反対の方に曲がります。

病院みたいなフラットで広い廊下を走るだけでも、1日じゃ慣れませんでした。


あと、腰と足首って偉いわ。

土足で歩く場所で水平な部分って、意外なほど少ないです(多分、水はけのため)。

ヒトは立っているうちのかなりの時間、腰と足首で傾きを吸収して相殺してるんだな、と思った。

車椅子だと、油断してロックしないでいるとたまに動いちゃってあれれれってなる。


y6p6jrさんも書いてますが、みんな1回乗った方がいいです。

ほんと、面白いのは最初の5分だけです。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

宝クジが当たったとして

返信

ある程度好きなように使える状況じゃないとあんまり意味ないかもな、と思った。

80歳とかで当たっちゃっても、逆に、オレの人生何だったんだ、みたいに思いそうだし。


だから、老いる前にいっぱい買おうと思う。


…どこかですごく考え方を間違えてる気もする。

投稿者 zig5z7 | 返信 (1)

なんかもういろいろ疲れてたので飲み倒した

返信

今月の生活費とか、知るか。…あと2週間どうしよう。


サービスでシャルトリューズ緑のV.E.P.が出てきました(ハーフショット)。

もちろんそこに至るまでにはそれなりに飲んでるんですけど、それにしてもいいお店でした。新宿。

投稿者 zig5z7 | 返信 (1)

Re: 悪趣味

むひょー

返信

ほどよく混んだ電車で紙の給与明細を全開にして眺めてるお嬢さん(c)みのもんた、の斜め後ろに立ったことがありますが、というか斜め前に立ってる人がおもむろに拡げ始めたので避けようがなかったんですが、言い訳はいい。それよりすごいですね。

もっとも、お嬢さんは社名から本名(おそらく)から全開でしたけど。


以下蛇足。


http://www.2121designsight.jp/program/id/index/note.html


個人情報について

本展では、お客様の任意で個人情報をご登録していただきます。個人情報には名前、身長、体重、虹彩、指紋などが含まれ、それらは作品のなかで使われます。身長や体重の数値は示されることはなく、個人情報によって評価や優劣をつけるためのものではありません。 なお、いただいた個人情報は本展覧会での使用を目的としており、他では使用されません。また、本展覧会会期終了後には消去されます。予めご了承の上、ご観覧・ご参加いただけますよう、お願い申しあげます。

企画展 佐藤雅彦ディレクション 「“これも自分と認めざるをえない”展」 via kwout


ピタゴラスイッチでおなじみ佐藤雅彦ディレクションの、画像認識や音声合成(多分これ)その他を駆使したインタラクティヴ系メディアアートな展覧会。

先日行ったときにふざけて名前を「zig5z7」で登録してみたんですが、これ、実名よりハンドルの方が恥ずかしいです。

お越しの際は実名フルネームでの登録を強くお薦めします。

多分、自分のことを一番気にするのは、自分です。

展示に「参加」してる人を後ろから他人の立場で見てみて思いましたが、人は、それほど、オレのことなんか、と言うよりはオレが具体的にピンポイントでドコのドナタかというベクトルでは気にしません。


なお、上の引用に付け加えますと、個人情報の登録があくまで任意なのはもちろんですが、上の引用のうち指紋以外の個人情報は登録しなくても展示には「参加」でき、登録しない場合は「あなた」という名前のデータにどんどん一時保存されてどんどん消去されてるような感じです。

身長と体重はフル着衣・荷物込みでの実測(頭を盛大に山盛りにしてる方はご注意ください。自動計測なので、容赦なく潰されると思います)。

指紋についても、登録した本人が望めばその画像データを「回収して抹消、少なくとも一般には非表示」できるような感じです(数分間、画像として公開はされます)。

詳細は会場で各自ご確認ください。引いちゃったらミッドタウンで茶ぁシバいて帰ってくればいいじゃない。

投稿者 zig5z7 | 返信 (1)

17番目の月

返信

やっと天気がさっぱりしてきた。


ここにいる人は夏派より冬派が多いような気が何となくしていて、このところそんな投稿が多いので個人的にちょっと嬉しい。


月きれいですよ。東京。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

Re: 卵白が余ったら

ジャポネすげえ

返信
ダックワーズは、私が、パリ16区の菓子店「ARTHUR」のシェフを務めていた1979年に考案したスペシャルです。

(zig5z7略)

1995年の秋、16区にフランスから突然のお客様が訪ねて来ました。その人の名はミッシェル・ギャロワイエ(Michel.Galloyer)。アンジェの菓子店「ル・トリアノン」のオーナーシェフです。彼は対応した三嶋に開口一番、こう言いました。「ダックワーズの作り方を教えてほしい」。三嶋の考案したダックワーズの評判は、すでにフランスにも及び、その味に惚れ込んだギャロワイエ氏は、はるばる福岡へやって来たのです。本場フランスのパティシエも唸らせるダックワーズは、今では日本国内は言うに及ばず、フランスでも作られるまでに成長しました。

フランス菓子16区 ダックワーズ



以下蛇足。

フグを最初に喰ったやつは偉い、みたいなことを言うけど、泡立てるって作業を最初にやったやつも偉いと思う。

だってあれ、全部手でやったら大変だよ多分。

その前に、初回、なんでそこまで泡を立てたかね。何か辛いことでもあったんだろうか。


蛇足2。

ほんとに偉いのは最初じゃなくて2番目に(フグを)喰ったやつだ、って何かで読んで、そういえばそうだなあ、と思った。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.